阪神・球児「聖地かみしめて練習している」 高校球児の無念胸に(サンケイスポーツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


高校球児の無念さ胸に戦う!! 阪神・藤川球児投手(39)が21日、甲子園での練習後にオンライン取材に応じ、聖地でプレーできる感謝の思いを語った。前日20日に新型コロナウイルスの影響で今夏の甲子園大会中止が決定。夢が絶たれた高校球児にエールを送り、聖地から勇気と感動を発信することを誓った。

 晴れ渡った甲子園のグラウンドに足を踏み入れた瞬間、胸は熱くなった。各メディアで報じられた、全国各地の高校球児が泣きじゃくるシーンが自然と思い浮かんだ。前日20日に今夏の甲子園大会中止が決定してから一夜。藤川は高校球児あこがれの舞台に立つ一人として、大きな使命感を口にした。

 「聖地と言われるところで(プレーできる喜びを)かみしめるように練習をさせてもらっている。感謝しています。この球場を大事に、大切に扱わなければいけないというのは、今回のことで分かった」

 今春の選抜大会に続く中止。高校生活の集大成も新型コロナウイルスによって奪われた。高知商2年のとき、夏の甲子園の土を踏んだ藤川にも無念の気持ちはよくわかる。だからこそ、高校球児の思いに寄り添い、挫折を乗り越えられるようにエールを送った。

 「今は、涙が出るだけ泣いて、うちひしがれるているでしょう。でも、学生はパワーがありますから仲間で支え合って、ある意味、強い絆で社会に出て頑張っていけるんじゃないかと」

 一方で、自身はその甲子園で練習し、試合ができる。高校球児の悔し涙を目の当たりにして、当たり前と思ってきた日常が特別なことだと痛感させられた。

 「阪神タイガースでプレーするという選手に限っては、そこ(甲子園でプレーできる喜び)は持ってなければいけないと思います」

 この日、甲子園のある兵庫県を含め、近畿3府県に発令されていた緊急事態宣言が解除された。高校野球は中止となったが、プロ野球は最短6月19日の開幕を目指して進んでいる。当初の予定から3カ月遅れ。コロナ禍の影響で自宅待機を余儀なくされたが、今こそプロ野球選手として存在を見せるときだ。

 「自分たちは仕事として、野球に携わっていることを考えると、プロとしての本質が問われるようなシーズンになると思います」

 7月21日で40歳となる節目のシーズン。名球会に入会するための条件でもある日米通算250セーブまで、あと「7」に迫っている。ただ、開幕できたとしても当面は無観客で行われる見通し。それでも、ファンの心を揺さぶることができると信じている。

 「モニターやテレビ越しに、感動を覚えてもらえるか、どうかというのは自分のプレーに、すべてかかっていますので。(無観客でも)気持ちはプロフェッショナルとして、ぶらさずにやっていきたい」

 どんな状況だろうと感動と勇気を届ける。夢が絶たれた高校球児のためにも、甲子園で思い切り汗を流す。(三木建次)

 ★気持ち切り替え

 甲子園大会は中止となったが、日本高野連は地方大会に代わる各都道府県の独自大会開催を地方の自主性に任せる方針。藤川は高校球児に向け「地方大会を個別にやっていく可能性が十分にある。自分は各都道府県のメインといわれる球場でプレーすることでも十分に満足できた。気持ちの持ちようでいくらでも自分の人生は切り替えられる」とアドバイスした。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。