さらばWRESTLE―1、奇跡のカーニバルをもう一度…金曜8時のプロレスコラム(スポーツ報知)

出典元:昨年大みそかの「WONDER CARNIVAL」でベルトを誇示した清宮海斗(左)と稲葉大樹

武藤敬司会長(57)が創設したWRESTLE-1(レッスルワン、W-1)は、31日に全所属選手が退団し、4月1日の東京・後楽園ホール大会「WRESTLE-1 TOUR 2020 TRANS MAGIC」を最後に無期限の活動休止を迎える。その最終興行も新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東京都・小池百合子知事から興行の自粛を求められており、やるせない終末となる。

【写真】アントニオ猪木氏「延命治療はしない」

 W-1は、2013年7月に武藤敬司が設立。同年9月8日に旗揚げ戦を行い、15年10月にはプロレスラーを養成する「プロレス総合学院」を設立し、選手を輩出してきた。17年3月には武藤が会長に退き、カズ・ハヤシ(46)が社長に就任して新たな体制で再出発したが、建て直すことはできず、7年の歴史に終止符を打つ。

【広告】


コメントは受け付けていません。