「4番・左翼」筒香さんの後継は任せろ!佐野、二塁打で’20DeNA初得点(サンケイスポーツ)

春季キャンプ練習試合(13日、DeNA3-6中日、沖縄・北谷)DeNAは13日、沖縄・北谷で中日と今季初の対外試合を行い、12球団最年少の主将に就いた佐野恵太内野手(25)が「4番・左翼」で先発出場。3打数2安打1打点と打線を引っ張った。

 「1打席目から良い感じで入れて、その中で2本結果が出て一安心できた」

 四回無死一塁で迎えた第2打席。笠原の2球目を捉え、右中間を真っ二つに破る二塁打を放った。一走・関根が生還し、チームの今季対外試合初打点を記録。筒香が米大リーグ、レイズに移籍し「4番・左翼」の後継者として期待される男が、新世代を象徴するように“初得点”をチームにもたらした。

 昨季までは代打起用が多く、左打ちの佐野の対戦相手は右投手がほとんどだった。レギュラー定着を目指す上で避けては通れない左腕との対戦で、しっかり結果を残したことに価値がある。

 六回にも右中間手前に運び、二塁まで激走。ラミレス監督は「素晴らしい結果」とたたえた。「このまま打ち続けて、シーズンでも打てるように」と佐野。“ポスト筒香”の25歳は、まだまだアピールを続ける。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。