【札幌】檀崎、J1で青森山田の後輩との対決心待ち「楽しみだけど負けませんよ」(スポーツ報知)

出典元:PKを決める武田

◆第98回全国高校サッカー選手権 最終日 ▽決勝 静岡学園3―2青森山田(13日・埼玉スタジアム)

 18年度大会の青森山田の優勝メンバーで、北海道コンサドーレ札幌所属のMF檀崎竜孔(19)が、準優勝した後輩たちとのJ1での対戦を心待ちにした。

 同校のMF武田英寿は浦和、MF古宿理久は横浜Cへの入団が内定。今後はJ1の舞台で相まみえる可能性がある。檀崎は「プロに入れば先輩も後輩も関係ない。対戦するのは楽しみだけど負けませんよ」と“プロの洗礼”を予告した。

 前大会決勝(流通経大柏戦)は自らの2ゴールなどで、全国制覇を成し遂げたが、今回は死闘の末に惜敗だった。「高校では雪の上で吐くまで走った。厳しかったけど、それを乗り越えて一段とレベルアップする。後輩たちもそれがあって、決勝まで進めたのだと思う」と話した。

 プロ1年目の昨季はスピードの違いに慣れるまで時間がかかったが、それでもルヴァン杯では8試合に出場し、過去最高の準優勝に貢献。13日は「今季はサバイバルを勝ち抜き、キャンプから自分を出していきたい」と、高い意識を持ってタイキャンプへ出発した。後輩たちにプロの厳しさを教えるためにも、さらに磨きをかけていく。(石井 睦)

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。