【ステイヤーズS】レースを終えて…関係者談話(サンケイスポーツ)

◆マーフィー騎手(アルバート2着)「(同一重賞4勝目の)記録がかかっていたのに勝てなかったのは残念でした。でも、これだけのパフォーマンスに敬意を表したい」

 ◆津村騎手(エイシンクリック3着)「無理に抑えず馬を楽にさせた。長距離は合っている。最後まで頑張っていましたよ」

 ◆池添騎手(メイショウテンゲン4着)「しまいもいい脚を使っていたし、古馬相手でめども立った」

 ◆勝浦騎手(サンシロウ5着)「ペースが遅くなったときに(ハミを)かんだのが痛かった」

 ◆蛯名騎手(リッジマン11着)「ペースが速くて、脚がたまらなかった」

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。