「稀勢の里ウィンターカップ」延期…「準備不足。申し訳ないです」(スポーツ報知)

出典元:トークショーに参加した荒磯親方(右)

大相撲の荒磯親方(元横綱・稀勢の里)が大会長を務める「第1回高校相撲稀勢の里ウィンターカップ」(12月23日、東京・両国国技館)の開催が延期となることが30日、明らかになった。この日、千葉市内の商業施設で行われたトークショーに参加した同親方が明かし「準備不足があって、延期しようかなと。認識の甘さがあった。申し訳ないです」と謝罪した。

 荒磯親方は、出場する選手がけがを負った場合の補償など、各方面での事前準備が間に合わなかったと説明。来年以降の開催を目指しており「高校生がけがをしてということは考えていなかった。でも、そこが一番大事。普及の一つとして反響があったのはうれしかった。次は万全の大会にしていきたい」と話した。

【広告】


コメントは受け付けていません。