13日受け付け開始 五輪チケットの申し込み方法/東京五輪(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は五輪チケットの第2次抽選販売の申し込みを13日から受け付けると発表した

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は8日、五輪チケットの第2次抽選販売の申し込みを13日から受け付けると発表した。

 開閉会式、人気競技や、1次抽選に準備が間に合わなかった両国国技館でのボクシングを含む全競技のチケットが販売される。セッション(時間帯)ごとの申し込み上限は、開閉会式が2枚、メダルセッションが4枚、予選などは6枚。申し込めるのは第1希望18枚、第2希望18枚で、購入できるのは最大で18枚と、1次の30枚から減った。

 購入のために大会公式ホームページでのID登録が必要なのはこれまでと同じ。1次抽選で当選しながら購入しなかった人も申し込める。

 公式チケット販売サイトで13日未明から26日午前11時59分まで受け付け、12月18日に抽選結果を発表。

 購入手続きの期間は同日から来年1月10日午後11時59分までで、コンビニエンスストアでの現金決済(税込30万円未満)の場合、支払いの締め切りは12日午後11時59分。

 19年12月24日から20年1月6日の午前11時59分まではシステムの休止期間となり購入手続きは行えない。

 1次で当選、購入したのと同じセッションを新たに購入する場合、申し込み上限は1次で買った枚数が差し引かれる。たとえば1次でバレーボールの予選のあるセッションを既に4枚購入していた場合、今回同じセッションで購入できるのは2枚まで。1次で購入したのと異なる席種(A席、B席など)を申し込んでも変わらない。上限を超えると、販売サイト上でカートに入れる際にエラーメッセージが表示される。

 1次と同様に第2希望のほか、カスケードサービス(抽選に外れた際、1つ下の席種の抽選に回すサービス)は受け付けるが、割安だったグループ向けの「東京2020みんなで応援チケット」はない。

【広告】

理研ビタミンの



ポリフェノールでポッコリ解消。

ぽっちゃりの間で話題沸騰中!

コメントは受け付けていません。