【畠山健介の目】ただただ、感動「次のステージへ扉開いた」(スポーツ報知)

出典元:勝利し喜ぶ日本代表フィフティーン(カメラ・中島 傑)

◆ラグビーW杯 ▽1次リーグA組 日本28―21スコットランド(13日・横浜国際総合競技場)

 ただただ、感動した。この試合のPOM(プレーヤー・オブ・ザ・マッチ)は、ラグビーW杯の日本開催に尽力してくれたすべての人にあげたい。日程などホームの優位性も、そういう人たちの頑張りの土台の上に成り立っている。

 過去最強クラスの台風で、日本列島は甚大な被害を受けた。8年前の東日本大震災の時もそうだったが、心が打ちひしがれた人たちに、前に出る勇気や協力する気持ちをスポーツを通じて示すことができた。やっぱりラグビーは素晴らしい。

 前半は攻撃面、後半は守備面の頑張りが勝利につながった。今大会、アイルランド戦以外は失点がなかった相手に、前半から3トライを奪った。堅いディフェンスに対してオフロードでつないで抜け切るなど、目を見張るものがあった。後半はSH田中が試合をコントロールして、前半のリードを守ることができた。

 4連勝での1次リーグ1位突破。本当に素晴らしいことだ。ラグビー界の目標は、常に高いベンチマーク(指標)を残していくこと。今の選手たちが、日本ラグビーの次のステージへの扉を開いてくれた。次の世代が、頑張って歴史をつないでほしい。

 目標に掲げていたベスト8はひとまず達成した。この先は、行けるところまで行ってもらいたい。体が動く限り、悔いのないように頑張って、新しい歴史を作ってほしい。準々決勝の相手は、南アフリカ。4年前には勝ったが、今W杯開幕前には負けた。「いったんケリをつけよう」という戦いになる。おそらくFW合戦になるだろう。強いフィジカルとラインアウトに、どう対応できるかがカギとなる。

 最後に日本代表のみんなへ。日本中が感動しています。あなたたちのおかげです。いちラグビーファンとして、感謝します。ありがとうございました。(2011年、15年W杯代表プロップ)

【広告】

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントは受け付けていません。