パラリンピック、全22競技の競技スケジュールを発表(サンケイスポーツ)

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、パラリンピック全22競技の競技スケジュールを発表。パラリンピック観戦券の抽選申し込みを8月22日未明から受け付けることも併せて発表した。

 競技は来年8月25日の開会式翌日から9月6日の全12日間に渡って行われ、マラソンとトライアスロンで暑さや湿度の影響から当初の予定より30分開始時間を前倒しすることが決まった。マラソンは午前6時半、トライアスロンは午前7時半となる。

 また、8月30日を「ゴールデンサンデー」と位置づけ、陸上や水泳など計63種目の決勝が行われる日程となった。前回のリオデジャネイロ大会では、後半に偏りがちだった団体競技の決勝を中盤に持ってきたことで、大会期間を通してメダルセッション数が均等に配置されるスケジュールだ。

 チケットは、22日の申込開始日にオープンする公式チケット販売サイトで9月9日午前11時59分まで受け付ける。抽選結果の発表は10月2日。購入手続きは同日から10月15日午後11時59分まで。

 購入希望者は事前に大会公式サイトでIDを登録。東京五輪のチケット購入時に登録した人は、同じIDが使用できる。一般チケットの席種はA~E席の最大5種類で、競技は900円から7000円の価格。12歳以下の子どもや60歳以上のシニア世代、障害者を含む家族などが対象の東京2020みんなで応援チケットは、予選セッションを中心に500円、1000円、1500円、2020円の4種類を展開し、低価格での販売が魅力だ。

 2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会のスポーツディレクターを務める室伏広治氏は「できるだけ多くの方が見に来て頂けるプログラムになった」と説明した。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。