ドルトムント、早くも3人目の補強! 10番背負うレバークーゼンMFを31億円で獲得(フットボールチャンネル)

出典元:ユリアン・ブラント【写真:Getty Images】

ドルトムントが22日、レバークーゼンに所属する23歳のドイツ代表MFユリアン・ブラントを獲得したと発表。契約期間は2024年6月までとなっている。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 ブラントはレバークーゼンで背番号10を背負っていた選手で、今季は公式戦43試合に出場し10得点17アシストを記録していた。トッテナムやリバプールなども興味を示していたが、ブラント本人がドルトムント行きを望んだとされる。なお、移籍金については明らかにされていないが、独紙『フォーカス』によると同選手に設定されていた契約解除金2500万ユーロ(約30億8000万円)を支払ってドルトムントが獲得した模様だ。

 ドルトムントはすでに、ホッフェンハイムからドイツ代表DFニコ・シュルツを、ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)からベルギー代表MFトルガン・アザールを、それぞれ完全移籍で獲得することを発表している。つまり、早くも夏の移籍市場に向けて3人目の補強を発表したことになる。

【広告】

ジメジメと暑い夏がすぐそこまで来ています。

梅雨に入るとそれほど気温が高くなくても湿度が高いため、熱中症になる人が増加します。

特に建設現場などでは熱中症による労働災害等のリスクが増加します。

近年は酷暑が多くなっているようです。

酷暑を迎える前に空調服の導入を御検討ください。

詳しくは⇒空調服通販のつくも

コメントは受け付けていません。