「どうせ死刑」「道外れた」…青葉容疑者、なぜ京アニ標的に(産経新聞)

アニメ制作会社「京都アニメーション」の放火殺人事件で逮捕された青葉真司容疑者(42)は逮捕前の任意聴取に「小説を盗まれた」などと主張し、恨みから、会社そのものに「殺意があった」と明かしたという。ただ京アニ側は盗作を全面的に否定し、京都府警の家宅捜索でもそうした供述を裏付ける物証は見つかっていないもようだ。また、青葉容疑者は「道に外れた」と事件への後悔をにじませたり、「どうせ死刑」と投げやりな態度を... Read More

京アニ放火事件の青葉容疑者を逮捕、容疑認める 京都府警(産経新聞)

昨年7月、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)第1スタジオで起きた放火殺人事件で、京都府警は27日、殺人容疑などで無職、青葉真司容疑者(42)=さいたま市見沼区=を逮捕した。調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めている。青葉容疑者は自らも重いやけどを負っており、入院して治療が続けられてきたが、府警は一定程度回復し、取り調べなどにも耐えられると判断し... Read More

コロナ禍で“壁”に風穴 医薬品のドローン配送に期待感(産経新聞)

出典元:和気町・田土区に到着したドローン。集落と街中をつなぐのは1本の道路のみだ=昨年10月6日、岡山県和気町

全国各地で小型無人機(ドローン)を使った医薬品配送に向けた動きが進んでいる。処方薬の場合、医師の書いた処方箋を薬局に届け、薬剤師に対面で服薬指導を受ける必要がある。だが、新型コロナウイルスの感染拡大でオンライン診療が規制緩和され、一時的に自... Read More

大阪府「トリアージ病院」を近く本格運用(産経新聞)

新型コロナウイルス感染の疑いがある救急患者に対し、大阪府が簡易検査で感染の有無を確認して搬送先を振り分ける「トリアージ(選別)病院」を近く本格運用する方向で調整していることが26日、分かった。府関係者によると、すでに大阪市内などで試験的に実施しており、府内全域をカバーする8つの「医療圏」での運用を目指す。

 トリアージ病院は発熱や肺炎の症状があり、感染の有無が分からない患者を搬送する... Read More

WHOの機能強化などで一致 日EU首脳会談(産経新聞)

安倍晋三首相は26日、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長、ミシェル大統領と新型コロナウイルス感染症対策をめぐってテレビ会議方式で会談し、世界保健機関(WHO)の対応に関する独立した検証やWHOの機能強化の必要性で一致した。

 3首脳は会談後、共同報道発表を出し、感染症の世界的流行を防ぐため、自由、透明かつ迅速に情報を共有する重要性や、治療薬やワクチンの開発・普及に向けた国... Read More

1500万円過大還付 男性「使ってしまった」 大阪府摂津市(産経新聞)

大阪府摂津市は26日、住民税の還付手続きのミスで、市内の男性に、約1500万円を過大に支払っていたことを発表した。市は謝罪した上で返還を求めているが、男性側は「市側の誤り。使ってしまったので返す義務はない」などと主張しているという。市は返還を求めて提訴など法的措置も検討する。

 市によると、平成30年4月、株式譲渡などの所得にかかる住民税の還付手続きを行った際、職員が控除額を誤って入... Read More

集大成は自分たちで 滋賀の高校生がコンテストやオンライン新聞(産経新聞)

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国高校野球選手権大会や全国高校総合体育大会(インターハイ)などが相次ぎ中止となる中、滋賀県の高校生が自分たちでコンテストを企画したり、オンライン新聞を発行したりするなど、「活躍の舞台」を用意する動きが広がっている。「コロナに奪われた『集大成』を取り戻したい」と生徒たちの奮闘が続く。

 ■乗り越えて

 「全国の中高生よ、コロナに挑め... Read More