ベビーカー焼け やけどの3歳女児が死亡 東京(産経新聞)

東京都文京区本郷のビル1階の店舗で料理教室を開催中にベビーカーが焼ける火災があり、やけどを負った東京都荒川区の若生(わこう)樹織(きおり)ちゃん(3)が21日、搬送先の病院で死亡した。料理教室では火を使っておらず、警視庁本富士署は出火原因を調べている。

 同署などによると、20日午後3時20分ごろ、119番通報があった。突然、ベビーカーから火が燃え上がり、乗っていた樹織ちゃんが頭や顔などにやけどを負って病院に搬送された。助けようとした40代の母親ら2人が手などにやけどを負った。

 ベビーカーには樹織ちゃんが使っていた酸素ボンベが乗せられていたという。ベビーカー周辺に火の気はなかったとみられ、同署は詳しい状況を調べる。

 当時、高齢者らのために飲み込みやすい食べ物を作る教室が開かれ、参加者らはベビーカーから離れたテーブル周辺にいた。

【広告】

【auひかり】



コメントは受け付けていません。