安倍晋三首相が22日から欧米6カ国訪問へ 26日に日米首脳会談(産経新聞)

安倍晋三首相は22日から29日の日程で欧米6カ国を訪問する。6月に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で議長を強める首相は、サイバーや海洋進出など軍事的脅威を増す中国をにらみ民主主義や国際法の順守など基本的価値を共有する先進7カ国(G7)のメンバーである各国首脳とG20での合意形成に向けた緊密な連携を確認する。

 首相は27日午前(現地時間26日午後)、米ワシントンでトランプ大統領と会談する。トランプ氏が2月の米朝首脳会談で日本人拉致問題を提起したことに謝意を伝え、拉致問題解決の重要性を改めて共有する。北朝鮮が完全な非核化を実現するまで制裁を維持する方針も申し合わせる。

 また、19日の日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)の協議結果を踏まえ、宇宙やサイバー空間など新たな防衛領域での連携強化を確認。知的財産やデータ保護についても意見を交わす見通し。一方、日米の新たな貿易交渉では、対日貿易赤字に不満を持つトランプ氏が自動車関税や通貨安誘導を制限する為替条項に言及するかが焦点となる。

 首相は米国滞在中、トランプ氏夫人のメラニアさんの誕生会を行うほか、トランプ氏とのゴルフも予定する。トランプ氏は5月25~28日に国賓として来日し、6月のG20サミットに合わせ再来日する予定で、強固な日米同盟を世界にアピールする機会となる。

 首相は米国に先立ち、フランス、イタリア、スロバキア、ベルギーの各国を訪問する。フランスのマクロン大統領との会談で自衛隊と仏海軍の定期共同訓練など外交・防衛分野の強化を確認する。首相は火災で損壊したノートルダム大聖堂の再建支援を表明する。

 イタリアではG7として初めて中国の巨大経済圏構想「一帯一路」協力に関する覚書を締結したコンテ首相と会談。日本の首相として初訪問となるスロバキアでは中国の投資が進む東欧4カ国の首脳らと会談し、首相は経済協力と自由貿易の推進を呼びかける。米国訪問後にカナダに立ち寄り、29日午後に帰国する。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。