川崎通り魔殺人、39歳男に懲役28年判決 横浜地裁(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:鈴木洋一被告=川崎市(春名中撮影)

川崎市宮前区のトンネルで平成18年9月、近くに住むアルバイトの黒沼由理さん=当時(27)=が刺殺された通り魔事件で、殺人罪に問われた無職、鈴木洋一(ひろかず)被告(39)の裁判員裁判の判決公判が13日、横浜地裁(景山太郎裁判長)で開かれ、景山裁判長は鈴木被告に懲役28年の判決(求刑無期懲役)を言い渡した。

 判決理由で景山裁判長は、自らのストレス解消という目的で犯行に及んだことを「強固な殺意に基づく卑劣、残虐な犯行で、人命軽視の態度ははなはだしい」と厳しく非難。「被害者の苦痛や恐怖は計り知れず、突如人生を断たれた無念さは察するに余りある」とした。

 その一方で、鈴木被告が別の事件で服役中に犯行を「告白」する内容のはがきを神奈川県警に送ったことを、「更正に向けた一歩を踏み出したと評価できる」とした。

 判決によると、鈴木被告は18年9月23日、同区梶ケ谷のトンネル内で、帰宅途中の黒沼さんの胸部や腹部を刃物で刺して、殺害したとしている。

 鈴木被告は別の事件で服役中の28年1月、殺害をほのめかす内容のはがきを同県警に送付し、29年10月に逮捕。昨年3月に横浜地検に起訴された。

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。