法隆寺でお身拭い(産経新聞)

出典元:法隆寺金堂でお身ぬぐい マスク姿の僧侶によって仏像のほこりが払われた=8日午前、奈良県斑鳩町の法隆寺金堂(彦野公太朗撮影)

聖徳太子ゆかりの世界遺産・法隆寺(奈良県斑鳩町)で8日、「お身拭(ぬぐ)い」が行われ、僧侶らが仏像などに積もったほこりを払った=。

 世界遺産に登録された翌年の平成6年から続く師走の恒例行事。釈迦三尊像(国宝)などが安置される金堂で、大野玄妙管長ら僧侶9人が読経した。

 参拝客が見守るなか、マスクを着けた僧侶らがはたきやはけを使って作業を進めた。隅々まで丁寧にほこりを落とし、一足早く迎春準備を整えた。

http://ken2.link/ymp2/wp-admin/widgets.php

コメントは受け付けていません。