同居男性を絞殺疑い、76歳無職女を再逮捕 兵庫(産経新聞)

神戸市兵庫区の集合住宅一室で10月、窒息死した住人男性(79)の遺体が見つかった事件で、兵庫県警捜査1課などは7日、殺人容疑で同居の無職、海老原政子容疑者(76)を再逮捕した。容疑を認めている。

 県警によると、死亡したのは無職、松原正行さん。住宅の管理会社からの通報を受け、10月31日に警察官が室内を確認したところ、死後数日たった松原さんの遺体を見つけた。海老原容疑者も室内で倒れており、そのまま入院。その後、海老原容疑者が過去に知人の健康保険証で医療機関を受診した疑いが浮上し、県警が11月17日に詐欺容疑で逮捕していた。

 再逮捕容疑は10月下旬、室内で松原さんの首をベルトで絞め殺害したとしている。

コメントは受け付けていません。