川崎市の景品交換所にスプレー強盗 1千万円奪って逃走(産経新聞)

6日午後0時50分ごろ、川崎市多摩区菅のパチンコ店の景品交換所に男が押し入り、40代の女性従業員の顔面に、スプレーのようなものをかけたうえ、金庫から現金約1千万円を奪って逃走した。女性は顔面にやけどを負って病院に搬送されたが軽症。神奈川県警多摩署が強盗致傷事件として男の行方を追っている。

 同署によると、男は30代くらいで、いずれも黒の帽子と上着を身につけ、マスクで顔を隠していたという。事件当時、交換所内には女性1人だった。

 現場は京王電鉄相模原線京王稲田堤駅近くの住宅や商店が集まる通りの一角。

コメントは受け付けていません。