ぎょう虫検査を装い女子児童を誘拐疑い 相模原市の男を再逮捕(産経新聞)

小学生の女子児童の体を触るなどして連れ回したとして、神奈川県警捜査1課は6日、わいせつ目的誘拐と強制わいせつの疑いで、相模原市南区下溝の無職、徳田巧朗(たくろう)被告(33)=別のわいせつ目的誘拐罪などで起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

 再逮捕容疑は8月21日午後2時半ごろ、相模原市内の路上で塾から帰宅途中だった市内に住む小学5年の女子児童(10)に近づき、「学校でやっているぎょう虫検査の再検査があるので、時間はありますか」などと声をかけ、徒歩で約1時間にわたって連れ回したうえ、市内の商業施設の男子トイレ内などで体を触るなどのわいせつな行為をしたとしている。

 同課によると、別の女子児童に対するわいせつ目的誘拐と強制わいせつ事件の捜査で徳田容疑者の自宅を捜索したところ、本人のパソコンやスマートフォンから女子児童を撮影したわいせつな動画が発見された。同課は他にも余罪があるとみている。

 市によると、市内の小中学校では平成27年度まで、ぎょう虫検査を実施していたという。

コメントは受け付けていません。