民家火災 高齢夫婦死亡 大阪・熊取(産経新聞)

6日午前0時5分ごろ、大阪府熊取町小垣内の無職、佐々木良雄さん(80)方から出火。木造平屋建て民家が半焼し、約1時間半後に消し止められた。佐々木さんと妻の勝子さん(74)が心肺停止の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 大阪府警泉佐野署によると、夫婦は2人暮らしで、出火当時は寝室で寝ていたとみられる。同署が出火原因を調べている。

 現場は、JR熊取駅から南東約2・5キロの住宅街。

コメントは受け付けていません。