立民・辻元国対委員長「不信任に値する」と批判 首相の「ややこしい発言」(産経新聞)

立憲民主党の辻元清美国対委員長は6日午前、安倍晋三首相が出入国管理法改正案を審議する参院法務委委員会への出席について「ややこしい質問を受ける」などと発言したことに関し「馬脚を現した。この一言でも不信任に値する」と語った。内閣不信任案の提出については「首相の姿勢や答弁をしっかり見て、いろんなことを考えたい」と述べるにとどめた。

 与党側が法務委で審議中の改正案を6日中に強行採決した場合、横山信一法務委員長(公明)解任決議案や山下貴司法相問責決議案を提出する考えを示した。「委員会運営、法相も含めて対応がなっていない。そういう現状に対し、しっかり形で示していくことになるかと思う」と述べた。

コメントは受け付けていません。