NHKの外部ディレクターが放送用映像ファイル誤送信(産経新聞)

NHKは10日、総合テレビで今月18日放送予定のバラエティー番組「テンゴちゃん」の制作を委託している会社のディレクターが、映像ファイルをダウンロードできるURL入りのメールを誤って外部の第三者に送信していたと発表した。

 ファイルに入っていたのは、スタジオ出演者と東京と大阪で街頭インタビューに応じた一般の人々計33人分の映像と音声。NHKはファイルを開けないようにする措置を取るとともに連絡が取れた関係者に謝罪を始めた。ディレクターが映像編集を担当する別の委託先業者にファイルを送る際、この業者に間違ったアドレスを伝えられたのが原因で、9日夜から10日朝の間、3回に分けて送信していたという。

 NHKでは今月、札幌放送局がオウム真理教の後継団体「アレフ」に関する取材で、住民インタビューの音声ファイルをダウンロードできるURLを誤ってアレフに送信していたことも判明している。

 NHKは「度重なる不適切な情報の取り扱いに対し、関係者や視聴者のみなさまに深くお詫びいたします。外部の制作会社を含め情報管理の厳格化に努め、再発防止に全力をあげてまいります」とのコメントを出した。

コメントは受け付けていません。