自民・加藤勝信総務会長、桜田義孝五輪相に苦言「正確な情報に基づいた対応を」(産経新聞)

自民党の加藤勝信総務会長は9日の記者会見で、桜田義孝五輪相が国会質問の事前通告に関する発言を撤回したことについて「国会では正確な情報に基づいた対応が求められる。国会は国民が聞いている大事な場だ。そのことをしっかり踏まえて対応してほしい」と苦言を呈した。

 桜田氏は自らの不安定な答弁に関し、6日の会見で「通告なしで質問する方がいた」と発言したが、9日の会見で「通告が全くなかったと申し上げたのは事実と若干違うので撤回する」と述べた。

コメントは受け付けていません。