元国会議員秘書ら関与疑い 八年前の1億円強盗、京都府警が逮捕へ(産経新聞)

平成22年に京都市左京区の会社役員宅から現金約1億円が奪われた強盗事件で、別の事件で有罪判決を受け収監されている元国会議員秘書の男(44)と知人の女(59)が関与した疑いが強まり、京都府警が強盗致傷容疑で逮捕する方針を固めたことが8日、捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男は22年9月29日午後、京都市左京区下鴨北園町の会社役員宅に宅配業者を名乗って押し入り、役員の妻を縛り、金庫から現金約1億円を奪った疑いが持たれている。当時、男は府内選出の国会議員の公設秘書を務めていた。

 男は28年5月、島根県出雲市で90代男性宅に押し入り、けがをさせたとして強盗致傷などの容疑で逮捕。懲役5年の実刑判決を受け、服役していた。

コメントは受け付けていません。