「かけ子」の58歳女、中国から詐欺電話 奈良県警が逮捕(産経新聞)

中国から高齢女性に嘘の電話をかけ、キャッシュカードをだまし取ったとして、奈良県警生駒署などは6日、詐欺の疑いで、大阪市西成区鶴見橋、無職、北口敬子容疑者(58)を逮捕した。「電話をかけて、だます役をした」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年12月14日、同県生駒市内で一人暮らしをしている女性(90)宅に百貨店店員を装って電話。「クレジットカードが不正に利用されている。銀行口座の取引を停止するために暗証番号を教えてほしい」などと嘘をいい、女性の自宅付近で待機していた受け取り役の男と共謀し、キャッシュカード1枚をだまし取ったとしている。その後、女性の口座から40万円が引き出された。

 同署によると、北口容疑者は犯行時、中国吉(きつ)林(りん)省延(えん)吉(きつ)市に滞在。中国人や日本人5~6人と共謀し、インターネット電話「スカイプ」で日本に繰り返し電話をかけていた。海外からの電話は履歴がたどりにくいため、中国など国外に拠点を置く詐欺グループは少なくないという。

http://ken2.link/ymp2/wp-admin/widgets.php

コメントは受け付けていません。