兵庫・加古川ダム女性遺棄 20歳男を殺人容疑で8日再逮捕(産経新聞)

兵庫県加古川市の権現ダムで今年8月、大阪市淀川区の小西優香さん=当時(20)=の遺体が見つかった事件で、兵庫県警捜査1課は8日に、殺人容疑でスカウト業、森翔馬被告(20)=死体遺棄罪で起訴=を再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、森被告は8月9日、同市西区の自宅マンションで小西さんの首を絞めて殺害した疑いが持たれている。

 これまでの調べでは、森被告は知人の稲岡和彦被告(42)=同罪で起訴=とともに同日夜、小西さんの遺体をマンションから約80キロ離れたダム湖に遺棄したとされる。

 県警は8月中旬に死体遺棄容疑で両被告を逮捕。森被告が小西さんの首を絞めた上で稲岡被告にレンタカーを借りるよう指示し、遺体の遺棄を手伝わせたとみて捜査していた。

コメントは受け付けていません。