玉木雄一郎氏 “ドタキャン騒動”で四面楚歌の様相(産経新聞)

出典元:国民民主党代表選挙で当選を果たし会見に臨む玉木雄一郎新代表=9月4日、東京都千代田区(春名中撮影)

国民民主党の玉木雄一郎代表が自民党の二階俊博幹事長らとの6日夜の会食を欠席した騒動が波紋を広げている。玉木氏は7日、会食に出席する予定はなかったと記者会見で主張し、火消しに追われた。今回の騒動には、自民党のみならず野党からも「約束したのなら行かなければ」(立憲民主党幹部)などの非難の声があがっており、玉木氏の四面楚歌(そか)の様相が色濃くなっている。

 「予定があったので、参加できないと伝えていた」

 玉木氏は7日の会見で、会食に出向く予定がなかったと繰り返し説明した。

 だが、複数の党職員らによると、そもそも会食は玉木氏の党代表就任祝いとして計画され、6日に急遽(きゅうきょ)、玉木氏の欠席が決まったという。これに伴い二階氏も参加を見送り、出席者は自民党の林幹雄幹事長代理、国民民主党の増子輝彦幹事長代行ら両党幹部5人にとどまった。

 この騒動で、自民党の国民民主党に対する信頼は地に落ちた。自民党関係者は7日、「国民民主党執行部があいさつに来たときに二階氏が『食事でも』と誘い、玉木氏が快諾した」と経緯を明かし、玉木氏の説明に不快感を示した。

 自民党への接近とも映る会食を避けた玉木氏の判断が、「身内」の野党に歓迎されているなら、まだ救いはある。だが、野党の反応は自民党より冷ややかだ。

 「ドタキャンするなら約束するな、って思うよ」

 立憲民主党幹部はこう苦笑する。さらに「党幹部同士の会合の情報は必ず漏れる。自民党の目的は『見せること』だからだ。本当に知られずに会いたいならサシ(1対1)しかない」とも語り、玉木氏の脇の甘さへの不信感をにじませた。

 別の同党幹部も「堂々と会食に行ったほうがまだよかった。玉木氏の『幼さ』が表れている」と評した。

 自民党と野党双方の顔色を気にした結果、双方の信頼を失う-。今回の騒動は国民民主党の本質的な問題点と重なる。「対決より解決」路線を掲げたものの、その掛け声が野党共闘に水を差しかねないとみるや「対決も解決も」と修正する姿は、この政党の腰の定まらなさを象徴している。

 党内では今のところ、欠席騒動を受けて玉木氏を突き上げる動きは顕在化していない。ただ、支持率低迷が続く中で今後も迷走が重なれば、「玉木降ろし」の号砲が鳴る可能性もある。(松本学)

 国民民主党は7日、結党から半年を迎えた。玉木氏は記者会見で「自民党に代わる政権の核になることが立党の精神だ。われわれの立ち位置が国民の皆さんにも響き始めている」と強調した。

コメントは受け付けていません。