東京湾の巨大工作物、海洋土木会社所有か 千葉・船橋漁港に陸揚げ(産経新聞)

出典元:船橋漁港に陸揚げされた巨大工作物=7日、千葉県船橋市(塩塚保撮影)

東京湾で巨大な工作物が発見され、千葉・船橋漁港に陸揚げされた問題で千葉海上保安部は7日、海洋土木会社から「わが社の装置ではないか」との連絡があったことを明らかにした。

 同保安部によると、工作物は海洋汚濁防止用の装置で、海洋工事関連船の船底に設置していたが、脱落した可能性が高いという。今後、調査して確認する。

 工作物は長さ約32メートルの鉄管で、長いゴム製のすだれ状のものが付いていた。10月22日に千葉市沖を航行中の底引き網漁船の漁具が海底の工作物に引っかかり、船橋漁港に曳航(えいこう)した上で今月1日にクレーン台船を使って陸揚げした。

コメントは受け付けていません。