世界救世教の分派「救世神教」はコロナ禍前から“ワクチンは劇薬”と主張していた(藤倉善郎)(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【検証 令和の新興宗教】#11

 2019年1月、三重県の「民間団体」で麻疹の集団感染が発生したとニュースになった。感染者は中高生を含む10~20代の男女27人。前年末に開催された研修会の参加者で、大半がワクチン未接種だった。以後、関西や東海地方で関係者以外にも麻疹感染が広がり、大騒ぎになった。

テレビ東京の人気番組「世界ナゼそこに?日本人」に旧統一教会信者が多数出演か

 当初は地元の行政が団体名を非公開にし、メディアも報じなかった。この団体が「救世神教」であることをつかみ、ニュースサイト「やや日刊カルト新聞」でスクープしたのが、現在旧統一教会問題で活躍中のジャーナリスト・鈴木エイト氏だ。

 救世神教は世界救世教の分派。世界救世教の教祖・岡田茂吉は、手かざし(浄霊)で病気を治せると主張、これこそが科学であるとして一般的な医療を否定した。岡田が生きた明治から昭和初期は医療も未発達だったが、世界救世教とその分派は現在でもこの教義を維持している。もちろん救世神教も例外ではない。

 救世神教はワクチン接種も否定している。19年当時、教団のウェブサイト「浄霊奇蹟の体験」には〈ワクチン接種を迫られた私の体に大異変! 浄霊と祈りではしか抗体の数値が10倍に〉とする信者の体験談が。教団の機関誌「神教」には〈三男は、妊娠中からご浄霊を頂く中で育ち、ワクチンや予防接種などは1本たりとも体に入れていない〉との体験談が掲載されていた。

 ところが前出の麻疹集団感染である。さすがの教団も同年1月、ウェブサイトに謝罪文を掲載し、「保健所の指導に従う」と表明した。

■麻疹を集団感染させて謝罪も…

 しかし3カ月後の4月、筆者が三重県の本部に行ってみると、いまだに売店で“反医療”の冊子が販売され、そこにはこう記されていた。

〈麻疹や百日咳は、母胎中で栄養分と共に吸収した古血や汚物の浄化であり、大いに喜ぶべきことである〉(「いきいきライフ 信仰・食・運動が健康の基」から)

〈インフルエンザ・ワクチンは、ほとんど効かない〉(「いきいきライフ補足編2 大浄化に備えて-原発事故・新型インフルエンザ対策-」から)

〈インフルエンザ・ワクチンは、毒薬に次ぐ強い毒性を持つ劇薬〉(同前)

 保健所の指導を受けながらも、教義は変更できないようだ。

 その一方で、鈴木エイト氏のこんな証言もある。

「後に救世神教が信者にワクチン接種を奨励するようになったという話を聞きました。ただし、接種した上で、手かざしの浄霊によってワクチンの害毒を消しましょうというのです」

 通常の医療と独自の信仰を両立させることで人々を信じさせようという方針なのか。

(藤倉善郎/ジャーナリスト)

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

ザ・シークレット・ホース

                             只今特典レポート付

                             1)「サルでも分かる!血統入門」

                             2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

                             3)「競馬新聞徹底比較」

                             4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。