“すっぴん”でミスコン決勝進出の英国女性「ノーメークで勝負!」の大きな意味(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

ティアラをつけた濃紺のドレスの女性は、メリサ・ラウフさん(20)。10月に行われる「ミス・イングランド大会」の決勝出場者だ。

【写真】元ミス・グランド・ウクライナが軍隊入り!

 ところで彼女を見て、なにか気づきませんか?

 そう、彼女、ノーメークのすっぴんなのだ。ここまでの予選をノーメークで勝ち上がり、決勝もすっぴんで参加するという。もちろん、参加者がノーメークで決勝に出場するのは94年間の大会史上初のことで、話題になっている。

 英南東部ヘイスティングス出身で、現在はロンドン在住。身長173センチで、キングス・カレッジ・ロンドンで国際政治を専攻すると同時に、モデルとしても活躍している。

 すっぴんで決勝に出ることに関して、メリサさんはこう語った。

「決勝に進出できたことは、『女性の多くは社会的圧力でメークをしている』と感じている私には大きな意味があります。素顔のままでハッピーならば、メークで顔を隠す必要はありません。欠点によって、人はそれぞれユニークな存在になるのだと思います」

「メンタルヘルスが大きな問題になっていて、私はすべての女性に良好な精神状態でいてほしい。私はこれまでの美の基準をすべて取り除きたいと考えています。私はすべての女性のために、すっぴんで大会に出場します」

 最終選考は10月17日。メリサさんは40人のライバルとともに“女王”の座を目指す。結果はどうあれ、多くの女性に影響を与えるのは確実だ。

[su_box title=”【広告】 更年期?” box_color=”#fea1f4″ radius=”5″]

《経典薬方》知柏八味丸

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、     肌の乾燥などに

[/su_box]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。