久保建英、W杯代表へ正念場 ソシエダ移籍、スペイン4季目が開幕 森保監督「これまでのW杯より早くメンバー発表することも」(夕刊フジ)

出典元:夕刊フジ

サッカースペイン1部リーグが14日に開幕する。今季からレアル・ソシエダと5年契約を結んだ日本代表MF久保建英(21)にとっては失敗が許されないシーズンだ。

これまでは同リーグの強豪レアル・マドリード所属だったが、今季から完全移籍。久保は入団会見(先月19日)で「たとえ100%の力を出し尽くしても、どうせレンタルだろ、と考えられてしまう。今季はそうではなくなりますし、より腰を据えることができます」と意気込みを語っていた。

スペイン4季目となる今季は、右サイドハーフのポジションにより磨きをかけなければならない。

11月に行われるW杯カタール大会まではリーグ戦は14試合だけ。日本代表・森保一監督(53)は「これまでのW杯よりも早くメンバー発表をすることもありえます」と話した。これまでスペインリーグで数字も結果も残していない久保にとっては正念場だ。

森保監督からも「建英にはもうひと皮むけてほしい」といわれ、W杯メンバーの「当確」ラインには達していない。今月末に欧州視察にでかける森保監督は「より多くの選手と個人的に面談したい」と話している。久保にとって今季は重要なシーズンになる。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

[su_animate type=”flip” duration=”2″ delay=”1″]            高品質・安心の

ルイボスティーはこちら[/su_animate]

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。