6月に初の40℃超、猛烈な暑さに見舞われた理由、東京で観測史上最も早い猛暑日、3日連続35℃超(東洋経済オンライン)

出典元:東洋経済オンライン

6月25日、伊勢崎(群馬県)で最高気温40.2℃を観測しました。全国で今年初めての40℃以上で、6月に40℃以上になるのは観測史上初めてです。

【天気図など】この猛暑のメカニズムや今後の予報など

 (外部配信先では天気図などの画像を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

 地図上で、赤色の最高気温30℃以上の真夏日が全国的に多く、紫色の最高気温35℃以上の猛暑日の地点も関東を中心に多数あります。

■真夏でも珍しいほどの危険な暑さ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。