銃の携行を制限するNY州法 米連邦最高裁が違憲判断下す(AP通信)

出典元:AP通信

ニューヨーク、ニューヨーク州、6月24日(AP)― 米連邦最高裁は6月23日、公の場で銃を携帯する権利を制限するニューヨーク州法を違憲とする判断を下した。
 銃規制を叫ぶ市民グループは、連邦最高裁の司法判断に反発。市内で抗議集会を開き、厳格な銃規制を訴えた。
 州法ではニューヨーク州の住民が、自己防衛のために公の場で、銃を(他人の目に触れないように)携行する許可証を取得するためには、”もっともな理由”か”実際に必要であること”を証明しなければならないと定められている。
 連邦最高裁はこの法律が、銃の所有と携行する権利を保障した、合衆国憲法の修正条項第2条に違反すると判断した。
 この判断に対して、ニューヨーク州キャシー・ホウクル知事は最高裁の判断を「非難されるべき」と批判、「数百万ニューヨーク州民を危害に晒す(さらす)可能性がある」と反発した。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

[su_animate type=”flip” duration=”2″ delay=”1″]         【ETC協同組合】[/su_animate]

しかもスピード発行




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。