INAC星川監督が退任会見「女子サッカーで学んだものをJリーグでも発揮したい」(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

サッカー女子プロ、WEリーグのINAC神戸を初代女王に導き、J3のYS横浜の指揮官に就任することになった星川敬監督(45)が26日、オンラインで退任会見に臨み、「(WEリーグとJリーグの)シーズンがずれている中で、(オファーの)タイミングが合った。欧州から戻ってきて、国内最高峰のJリーグで指揮を執ってみたい思いもあった」と新天地に臨む気持ちを話した。

INAC神戸の選手たちにはリーグ最終戦だった大宮戦(22日)の前に伝えたといい、「(2011、12年になでしこリーグ連覇を達成した)前回のチームよりも一緒に戦ってきた感じがある。伸びしろのあるチームだし、残ってほしいと引き止めてくれる声もあった。ちょっと感情的な部分もあった。そこは監督冥利(みょうり)に思ったところ」と振り返った。

YS横浜は現在2分け7敗でJ3の最下位に低迷する。「女子サッカーで学んだ、選手1人1人が輝けるようなものをJリーグでも発揮できればと思う」と抱負を話した星川監督は「新人監督なので、上をしっかり目指すしかない。本当にチャンスをもらったという気持ち。ポテンシャルはあると思う。自分自身勉強することも多いと思うし、やりがいのあるチャレンジだと思う。Jリーグでも特徴のある監督になっていきたい」と語った。

星川監督は28日の北九州戦から指揮を執る予定。29日に行われるINAC神戸のファン感謝デーには参加するという。

【広告】

                              SUGAR BISKET

大人可愛いアパレル&シューズを

お手頃プライスで豊富に取り揃えました!

お気に入りのアイテムがきっと見つかる♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。