サブスクお墓にレンタル墓石…コロナで変わった「お墓」の在り方(日刊ゲンダイDIGITAL)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【アフターコロナ 新サバイバル生活の知恵】#93

 サブスクリプションできるものがどんどん増えていますが、ついに、「お墓」までサブスクの時代になりました。

葬式で遺族の女性にプロポーズ! 間が悪すぎる南アフリカの牧師になぜか賛否両論

「お墓はおおむね数百万円と高い。それに、遠く不便な場所にあるので、お墓参りは頻繁に行けません。管理費用もばかにならない」と言うのは都内在住の池田智之さん(75歳・仮名)。

 そういった需要に応えたのが、サブスクリプションお墓です。例えば、永代供養付きで石碑・骨壺が一体型になった石碑「偲慕」では、月3300円の使用料で、高さ23センチ、幅18センチ、奥行き22センチと小さく、料金は27万5000円(初期費用)と安めです。

 池田さんのように、遠いところにある今のお墓はお参りに行けないし、近場のお墓は高い、いつ引っ越しするかわからない……という人には数百万円のお墓はとても高く感じるはずです。

 レンタルできるお墓では、買う必要はありません。いつか移動する可能性がある人向けに、安くすませることができます。

 月3980円でサブスクをしているのは、永代供養付きのお墓「のうこつぼ」です。墓石がなく使用料(永代使用料)は50万8000円。全国170カ所に墓地があるので近くから探すことができます。ハワイにもありますので、引っ越しが多い人には便利です。お墓のスタイルに近いマンションのような集合型ですが、屋外に設置されているので、お参りには行きやすくなります。

■「ペットと一緒」も増加

 埼玉県東松山市にある西照寺は、10年間のレンタル墓石が30万円で、小さめですが、年間管理費とプレート代を含めて48万円です。

 ちなみに、コロナ以降は家族葬が増加、一般葬を含めた参列者数は平均30人から12人に減少(日比谷花壇のお葬式:2018年から21年の調査)しています。逆に、増えているのは「Withペット」としてペットと入れるお墓です。

 また、1グラム50万円ほどと高いのですが遺灰を乗せて宇宙空間に打ち上げる「スペースメモリアル」や、小さいカプセルに入れた遺骨を宇宙に届ける「SPACE NTK」などの宇宙葬も増えています。アフターコロナでお墓に対する考え方も大胆に変化しているようです。

(柏木理佳/生活経済ジャーナリスト)

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。