アルバイトで貯めた30万円で初めて投資 2週間で溶かすも…なぜか奮起!(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【遠藤洋「投資家への道」】

 遠藤さんは最近、「投資をしながら自由に生きる」(ダイヤモンド社)を上梓したばかり。1年のうち半分を国内外の見知らぬ場所を旅して回っている。

岸田首相の“バイデンおもてなし”が地味すぎる…絵にならない日米首脳にメディア苦心

 大学生の夏休み、暇つぶしの延長で「うまくいけばお金も増えて一石二鳥」と興味本位で投資をはじめている。投資に関する知識はゼロ。まずはネット証券に口座を開設し、アルバイトで貯めた全財産30万円を入金した。

「最初はFX(外国為替証拠金)取引でした。FXはドルやユーロ、ポンド、円といった各国の通貨を売買し、その価格変動や金利差を利用して利益の獲得を狙う。注文画面にとりあえず『10』という数字を入力してポチッと。これで投資デビューとなったのですが、後でこの数字の単位が『万ドル』だというのを知ってビックリ。たった30万円の証拠金で10万ドル(1000万円=当時)の通貨を買っていたのです」

 こんな無知な状態では当然勝てるはずもなく、たった2週間ほどで30万円を溶かしてしまった。

「普通の感覚であるなら『もう二度と投資なんてやらない』ってなるでしょう。しかし、どういうわけか私は『2週間で全額失ったってことは、逆のことをやれば2週間でお金が倍になるってことだ』と考えたのです」

 大学を卒業し、ITベンチャー企業「オープンドア」に就職。旅行比較サイト「トラベルコ」を運営する会社で、遠藤さんが入社した当時は未上場だったが、2015年に東証マザーズ、現在は東証プライム上場企業になっている。

「正式に入社してからは『社長が直属の上司』という環境で、非常に多くのことを学ばせていただきました。その一方、社会人になってからも投資はずっと続けていた。仕事を通じて『nend』(スマホのバナー広告)という広告システムを知り、将来性を感じて運営元のファンコミュニケーションズに投資しました。それが約1年で株価が6倍ほどに跳ね上がったのです」

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。