猟銃立てこもり男を殺人未遂で逮捕、医師は心肺停止 埼玉(産経新聞)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:産経新聞

埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の住宅で27日午後9時ごろ、猟銃のようなものを持った、この家に住む男が訪問してきた男性医師(44)を人質に取って立てこもる事件があった。県警の捜査員が28日午前8時前、自宅に突入。男の身柄を確保し、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。男性医師は保護されたが、心肺停止の状態だという。

【写真】男が立てこもった現場周辺

県警や地元の消防によると、27日午後9時15分ごろ「発砲音があった。けが人がいる」などと119番通報があった。警察官らが駆け付けると、住宅の前で男性(41)が胸の辺りを撃たれて倒れていた。重傷だが、意識はあるという。

また、別の30代の男性も催涙スプレーを吹き付けられて、県警東入間署に駆け込んだ。目の痛みを訴えているが、軽傷とみられる。男性らは医師のクリニックのスタッフ。亡くなった男の家族の弔問に関係者らと訪れ、トラブルになったとみられる。

県警の捜査員は、固定電話を通じて男と交渉を続け、男は「(人質の医師は)大丈夫だ。救出してほしい」などと伝えていた。ただ、男は医師に電話を代わらず、直接状態を確認できていなかった。

事件を受け、ふじみ野市は現場近くの中学校に避難所を開設し、28日未明には約50世帯の計約110人の住民が避難。また、周辺の小中学校3校は児童や生徒の安全確保のため、28日は休校措置が取られた。

周辺には多くのパトカーや警察車両が詰めかけ、広範囲で立ち入りが規制された。男性会社員(50)は就寝中の午前2時に巡回してきた警察官の呼び掛けで妻と息子を連れ、中学校に避難した。「朝から仕事があるが、どうなるのか」と途方に暮れた。

現場は東武東上線ふじみ野駅から西に数キロ離れた住宅などが点在する地域。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。