人質は44歳男性医師、負傷か 「大丈夫」猟銃立てこもり男(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の住宅で、猟銃のようなものを持った男が立てこもっている事件で、男が県警の捜査員に対して固定電話で説得に応じ「(人質の男性は)大丈夫だ。救出してほしい」と伝えていることが、捜査関係者への取材で分かった。埼玉県警は引き続き、男に人質を解放するよう説得を続ける。

捜査関係者によると、人質になったのは、男の家に弔問に訪れたクリニックの男性医師(44)で、負傷している情報もあるという。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。