池袋ホテル遺体 確保の女が殺害ほのめかす(産経新聞)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:産経新聞

東京都豊島区池袋のホテル10階の客室内で21日、男性が刃物のようなもので刺され死亡しているのが発見された事件で、八王子市内で確保された20代の女が「男性を傷つけた」などと犯行をほのめかしていることが22日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁池袋署捜査本部は、確保した20代の男女3人が事件に関与した可能性があるとみて、慎重に調べている。

【写真】男性の遺体が見つかった東京・池袋のホテル周辺

捜査本部によると、死亡したのは、さいたま市南区、職業不詳、今野勝蔵さん(82)。客室内のいすに全裸で腰かけた状態で、胸と右太ももに刺し傷があった。ホテル周辺の防犯カメラ画像に、確保された男女3人が一緒に行動する様子が写っており、捜査本部が行方を追っていた。

捜査関係者によると、確保時、3人は「知らない」などと話していたが、後に女が今野さんの殺害を示唆したという。捜査本部は女が1人で殺害し、男2人が女の逃走を手伝った可能性があるとみている。

今野さんは21日午後8時10分ごろ、女と2人でホテルにチェックインしたとみられ、約1時間後に女が1人でチェックアウトしていた。その後、女性の声で「やばいからきてという友達からの連絡があった」という110番通報が公衆電話からあったが、電話は一方的に切られたという。

現場には今野さんの財布が見つかったが、現金は抜き取られていた。凶器はみつかっておらず、捜査本部は強盗殺人事件として捜査している。

【広告】

                            マンション投資の

新日本地所



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。