裏金要求を告発された星野伊佐夫・新潟県議が反論「裏の話ではなく、政治活動費の話」(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

結局、恨み節ばかりで真相は何も分からなかった。

 自民党の泉田裕彦衆議院議員(59=新潟5区)から、衆院選で「2000~3000万円の裏金を要求された」と名指しで告発された同党新潟県連の元会長、星野伊佐夫県議(82)が3日、新潟県庁で「反論会見」を開いた。

【新潟5区】米山隆一氏 妻・室井佑月さんのむちゃ振りで好感度アップ

「私が泉田さんに対してなんだかんだ言うのは不本意だけど、今回はそういう温情を言っている段階ではないなと判断して、思いを正直に明らかにしていった方がいいのではないかという(周囲の)お話だったので、今日、会見(の場)を作っていただきました」

 会見の冒頭、こう切り出した星野県議。早速、発言の有無や事実関係について詳細を説明するのかと思いきや違った。

「(新潟県庁)内部から泉田知事は変人だ、との声が出て、打ち消すのに大変時間がかかった」

「(泉田議員は)猜疑心が強くなった。すぐカッとなる。すぐ切れる。感謝をしない」

 その上で、「県連に対して、私の除名願いが出たようだけど、まったく理解できません。意外だし、まったく理解できません」と怒りをあらわにしつつ、「彼(泉田議員)に今、一番言いたいことは、世の中には思い通りにいかないことがある」と諭すように語り始める始末だった。

 そして、肝心の裏金の要求については「おそらく、泉田さんが私に対して(選挙費用は)いくらぐらいかかるのでしょうか、と聞かれたのだと思う」とし、2000万円~3000万円は「裏の話ではなく、政治活動費の話」と否定していたが、真相はよく分からないまま。この問題、まだまだ長引きそうだ。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です