数字のカラクリ「平均額」に惑わされるな! 必ずしも実績を表しているとは限らない(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

40歳代の平均貯蓄額は1000万円超ーー。そんなニュースに仰天する人は大勢いそうだ。でも、ちょっとだけ安心してほしい。必ずしも「平均」が実情を表しているとは限らないのだ。

福原愛に続き、いとうまい子も…芸能人「社外取締役」に課せられる重要な仕事とは

 たとえば、社員5人の会社があって、1人だけ1000万円の給与をもらい、残る4人は300万円だとしたら、給与総額は「1000万+300万×4」で2200万円。この会社の平均給与は「2200万÷5」で440万円という計算になる。

 社員5人は、それぞれの給与額を知らない。平均額だけ公表されると、4人の社員は「平均以下か……」とガックリだ。ところが、この会社の給与の中央値(金額順に並べたときの真ん中)は上からも、下からも3番目の300万円。4人の社員はホッと胸をなでおろすに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です