マリフアナ解禁へ向けた動き ネパール国会では論議が停止(AP通信)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:AP通信

カトマンズ、ネパール、10月12日(AP)― マリフアナはネパールの文化と宗教に深く組み込まれており、どこでも簡単に大麻が手に入ることから、かつてはヒッピーが大挙してこの国を訪れた。
 しかし、1970年代後半に入ると、ネパールも他国に倣ってマリフアナを非合法化した。そうなると、欧州や米国からバスを連ねてやってきたヒッピーもいなくなった。
 それから半世紀。マリフアナの使用が多くの国で合法化されると、ネパールでも再び大麻の栽培と、マリフアナの使用と輸出を合法化しようという動きが出てきた。
 マリフアナ支持者らは合法化法案を国会に提出したが、政党間の権力争いが続いているため、議論は遅れている。
 マリフアナの原料となる野生の大麻はどこにでも茂っており、ネパール国内ではどこでもマリフアナが買える。しかし、依然として違法であるため、個人使用であれば所持だけでも投獄されることがあり、売買となれば、取引量にもよるが、10年の懲役となることもあるという。
 マリフアナ解禁支持者らは、60年代にヒッピーが観光客をネパールに連れてきたように、観光客を誘致して、経済を活性化させるためにも、早急にマリフアナを合法化させるべきだと運動している。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】 漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です