大越キャスター「報ステ起用」のウラで何がおきたのか…?「テレ朝」“現場無視”体質の大問題(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

テレビ朝日『報道ステーション』のキャスターに、元NHKの大越健介さんが10月から起用されることが話題になっている。

【写真】13歳女優の官能シーンに批判殺到、上映中止に。女性監督が振り返る

 期待の声もさることながら、テレ朝OBの間からは「テレビ朝日の報道局にも人材はいるのに、なぜわざわざNHKの人物を起用しなければいけないのか」といった疑問の声もあがっている。

 しかし、私は大越健介さん起用の是非については、この際どうでもいい。報道ステーションのキャスターとして大越さんがどうなのか? ということは、実際の放送を見てみないと分からないからだ。

 キャスターの実力が云々というのは、番組の演出や内容と一体として判断されるべきものである。10月からの「大越キャスターの報ステ」を見てから評価すればいい。

 そんな事より、テレ朝OBとして、そして報道ステーションOBとして気になることがある。それは、キャスターが大越さんに「決まる経緯」と「決まってからの推移」だ。

 ぶっちゃけ「報道ステーションの成否を分けるもの」は、キャスターが大越さんかどうかということよりも、報道ステーションという番組の「物事の決め方」だと私は思っているし、OBとして憂慮している。どういうことか詳しく説明しよう。

【広告】

 ZAFUL

  注目のレディース・ファストファッション通販





ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です