トランスジェンダーの著者が“セクハラ被害”を受けて味わった壮絶すぎる「地獄の苦しみ」(現代ビジネス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:現代ビジネス

2021年7月30日、話題のジェンダー・エッセイコミック『女(じぶん)の体をゆるすまで』(小学館)の上下巻が発売となった。本作を手掛けるのは、自身の性的嗜好と初恋を描いたエッセイ『実録 泣くまでボコられてはじめて恋に落ちました(通称:ボコ恋)』(新潮社)でデビューした漫画家・ぺス山ポピーさん。

【マンガを読む】トランスジェンダーの著者が性被害を受けて感じた地獄の苦しみ…

 トランスジェンダー(Xジェンダー/ノンバイナリー)であるぺス山さんの人生を通して浮き彫りになっていく、様々な社会問題が描かれる本作。中でも太い軸となるのは、ジェンダーにまつわる違和感(性別違和)と理不尽(性差別)だ。

 重たいテーマでありながら、どこかユーモア溢れる筆致が印象的なぺス山さんにインタビューを実施。漫画家になった経緯や数あるジャンルの中でなぜエッセイ漫画を描くに至ったのか、漫画家・ぺス山ポピーを形作った原体験。新作『女の体をゆるすまで』の誕生前や制作過程、読者の反応に触れて変化した心境。そして、今後の漫画家としての歩みや描きたい題材など、『女の体をゆるすまで』を描き終えた今思うことを赤裸々に語ってもらった。

 【第1回】はこちら→<「女の体に生まれたせいで…」トランスジェンダーでセクハラ被害者の著者が語った“想い”と“苦しみ”>

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です