「暑くて溶けそう」「蒸し暑い」…夏によく使う「暑い」の英語表現(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

初心者でも覚えやすく、確実に伝わるシンプルで短い英会話を推奨している、オンライン英会話スクール講師・mamiさんによるFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」(毎週金曜更新)。

【写真】「もう少しやりなさい」はNG…子供を勉強嫌いにさせる言葉

 夏真っ盛りの今、焼かれるような暑さが続き、「今日は暑すぎる」「昨夜は蒸し暑かった」「焦げそうに暑い」など、暑さに関する会話をよくすると思います。これらのフレーズは英語だとどのように表現するのでしょうか? いくつか例文を挙げて解説していきます。

 ★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから…」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です