【映像】ロス住宅街で大量の花火爆発 米連邦捜査官など17人が負傷(AP通信)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:AP通信

ロサンゼルス、カリフォルニア州、7月2日(AP)― 独立記念日を4日後に控えた6月30日午後7時半ごろ、ロサンゼルスの住宅街で押収された大量の自家製花火が爆発し、警官と連邦捜査官を含む17人が負傷した。
 警察はアルツロ・セハス容疑者(27)を危険物所持の疑いで逮捕した。
 爆発で警官9人とアルコール・タバコ・火器および爆発物取締局の捜査官1人、市民7人が負傷したが、いずれも軽傷だったという。
 爆発の前日、警察は住民の通報でセハス容疑者宅から、最大2トンに上る花火を押収した。花火は段ボール箱に詰められ、玄関脇に2~3メートルの高さに積み上げられていたという。ダンボール箱には中国製と印刷されており、独立記念日の販売を目的に州外で購入されたと警察では見ている。
 ロサンゼルスおよび近隣の郡では、花火の販売や所有は違法だが、毎年大量の花火がメキシコなどから密輸入されて、各地で事故を起こしている。
 安全な場所へ移送のため、爆発物処理班の出動が要請され、ボックストラック3台と全長16メートルの特殊トレーラーが現場に派遣された。
 押収された花火の中には、清涼飲料水缶ほどの大きさのものが40個、重さにして約4.5キロあり、これらは完全密封型のトレーラーに積み込まれた。
 警察は、爆発の原因を調査しているが、判明するまでには数日掛かると見られる。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です