鈴木亮平「TOKYO MER」高視聴率の秘密は「水戸黄門」&「アルマゲドン」感(日刊ゲンダイDIGITAL)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

東京五輪開催中に2ケタの視聴率をキープは見事といえる。鈴木亮平(38)主演のTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」の話。初回から3話まで14%台を維持し、7月25日と8月1日はいずれも10%台と大健闘。夏ドラマの中ではトップを走り続けている。

“低視聴率女王”吉岡里帆はCMタレントで終わるのか…元相棒・鈴木亮平は「TOKYO MER」で汚名返上

「何と言っても前作があの『ドラゴン桜』ですからねえ。『TOKYO MER』のキャスト、スタッフのプレッシャーは半端なかったはずですが、5話まで来てこの好調ぶりとなると、今後、大きな失速はないかなと思います。鈴木さんの医師役がハマっており、あのクシャっとした笑顔と、優しい声と話し方に心地よさを感じる視聴者が多いようです」(テレビ誌ライター)

 鈴木が演じるのは救命救急のプロフェッショナルチームのチーフドクター喜多見。毎回危険を顧みず、果敢に現場の中に飛び込んでいき、どんな時でも決して取り乱すことなく、患者に接する頼もしくも優しいドクターだ。ネット上は〈どこの病院に行ったら、喜多見先生に会えますか〉〈私も鈴木亮平さんから優しく名字を呼ばれたい〉などなど、鈴木の演技にうっとり見入るような声であふれている。

 ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏は、「視聴者のその気持ちはよく分かります。喜多見先生はまず『大丈夫ですよ』と患者を安心させるために声かけをするのですが、あのセリフを聞くとテレビの前の私まで『もう大丈夫』となぜか毎回安心してしまいますから」と笑う。

 ところが、そんな「TOKYO MER」の毎回の“お約束”には、こんな声もちらほら。〈『死者は……ゼロです!』でみんなが騒ぐのがお約束だけど、さすがにコントっぽく見えてきた〉〈(石田ゆり子が演じる)都知事が危機管理対策室長の肩に手を置いて『お疲れさま』っていうシーン、毎回いる?〉なんて感じだ。

「いやいやいやいや、毎回のお約束、それこそが日本人が大好きなものですよ! たとえば不朽の名作『水戸黄門』。いろいろあっても、最後は〈この紋所が目に入らぬか!〉ですべて解決すると分かっている。だからこそ安心して見ていられるんです。『TOKYO MER』も、喜多見先生が何とかしてくれるという安心感があるからこそウケている。米倉涼子の『ドクターX』が〈私、失敗しないので〉と言わなかったら、数字は落ちると思いますよ」(ドラマ制作会社スタッフ)

 前出の山下氏は「喜多見先生や音羽先生(賀来賢人)、レスキュー隊隊長の千住さん(要潤)などが、ドラマチックな劇伴と共にスローモーションで並んで歩く。そんなシーンも、ほぼ毎回見られるお約束です。でもあの『アルマゲドン』感が、また感動を呼ぶんですよね。このドラマに関しては〈お約束でいい!〉〈偉大なるマンネリズム!〉と思えるものがあります」と話す。

 高視聴率の秘密は「水戸黄門」感と「アルマゲドン」感。オリンピック後にまたどれだけ視聴率を伸ばすのか、注目だ。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

    2分59秒でHID化!!!

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です