旧優生保護法訴訟 原告ら「思い通じなかった」(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で不妊手術を強制されたのは憲法違反だとして、兵庫県の60~80代の男女5人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で3日、神戸地裁は違憲と判断したものの賠償請求は認めなかった。判決後に開かれた記者会見で原告らは「私たちの思いが通じなかった」と落胆の表情をみせた。

判決言い渡し後の午後2時15分ごろ、地裁前でマスク姿の弁護士3人が「不当判決」などと書かれた紙を掲げると、待ち構えた支援者からは「障害者の人権を守れ」と声が上がった。

訴状などによると、兵庫県の原告の80代男性は昭和43年、同県明石市の小林喜美子さん(88)は35年ごろ、聴覚障害を理由に不妊手術をされ、神戸市の脳性まひのある鈴木由美さん(65)は12歳だった43年、理由を告げられないまま不妊手術を受けさせられた。

判決では20年で損害賠償権が消滅する「除斥期間」を理由に原告全員の訴えを棄却した。喜美子さんの夫の宝二(たかじ)さん(89)は「被害者であることを長年知らなかったのに、20年が過ぎているから遅いというのはおかしい。怒りを抑えることができない」とし、「私たちは子供をつくることが許されずに生活してきた。これまで私たちがどんな気持ちだったか」と訴えた。

電動車いすで登壇した鈴木さんも「(最初に提起された)仙台訴訟のニュースをみて私も同じだと思い原告になった。時間がかかると思うが、負けずにいたい」と引き続き司法の場で争っていく決意を語った。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です