五輪&Go Toは「OK」で都道府県境をまたぐ旅行や帰省は「NG」の矛盾(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

「ハイ分かりました」と黙って従う国民は一体どれくらいいるのだろうか。

 全国知事会は1日、夏休み中の都道府県境をまたいだ旅行や帰省を原則中止するか、あるいは延期するよう求める国民向けのメッセージ案を示した。

ルール違反で参加資格はく奪 柔道ジョージア2選手の東京タワー出没の“後始末”【画像あり】

 知事会は、やむを得ず移動する場合として、事前のPCR検査を訴えていたのだが、米国のように誰でもいつでもPCR検査が受けられる体制もない。知事会は昨年7月に政府に対して「PCR検査を戦略的に拡大するよう」に緊急提言していたが、安倍・菅政権はそのままスルーしてきたわけで、国民からすれば「メッセージを発する相手が間違っている」と思うだろう。

 そもそも、ネット上で<国境をまたぐ運動会は中止されていないが……>と反発する投稿がみられるように、「東京五輪はOK」でも「帰省はNG」という理屈は成り立たない。さらに政府は昨秋に「Go To」を強行し、その後、感染者が急増したことについて、<『Go To』とコロナ感染の拡大は因果関係がない>と繰り返していたではないか。それがなぜ、<都道府県境をまたいだ旅行や帰省は中止>となるのか。都道府県境をまたぐ旅行が「Go To」だったのではないのか。

 これまでの政策と矛盾したことを国民に求めるのであれば、まずは菅首相が「『Go To』は政策として失敗でした」と国民に謝罪するのが当たり前。その上で、あらためてPCR検査の体制拡充など、政府として早急にやるべきことを進めるべきだろう。何もしないで、緊急事態宣言を乱発し、国民に「後はよろしく」と丸投げでは道理が通らない。

【広告】

                  【GMOとくとくBB WiMAX2+】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です