五輪と歯科医 2つの夢追い大舞台へ 異色のハードラー金井(産経新聞)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:産経新聞

今大会を最後に歯科医の道に進むと明言する異色のハードラーが3日夜の男子110メートル障害予選に登場する。「自分の出せる力を全て出す」と燃えている金井大旺(たいおう)(25)。競技人生の集大成となる東京五輪で、有終の美を飾るべく、日本人初の決勝進出を目指し、駆ける。

6月下旬、五輪代表を決める陸上の日本選手権110メートル障害決勝。金井は2位でゴールに飛び込み、念願だった五輪への切符をつかんだ。その瞬間をスタンドで見守っていた父の敏行さん(67)は「有言実行の男。まずは陸上の方で夢を実現してみせてくれた」とうなずいた。

北海道函館市出身で、実家は歯科医院。父親の背中を見て育った影響もあり、「人に直接感謝される仕事をしたい」(金井)。進学校の函館ラ・サール高に在籍していた当初は歯科大への進学を志望し、競技は高校でやめるつもりだった。

だが3年時のインターハイで5位に終わり、心境が変わった。「このままでは終われない。そう思うくらいの惨敗だった」。普段は淡々としている金井も、このときばかりは悔しさから部屋に閉じ籠もったという。

歯科医かハードルか。考え抜いた末、自分の中で沸き起こった正直な気持ちを、母親の道子さん(56)に最初にぶつけた。「ハードルを捨てきれない。まだ挑戦したい」

現実的な選択肢として、歯科大に進学し、陸上を続ける道もあった。だが競技と勉強の両立は、トップハードラーを目指す上で中途半端になると思った。このとき、歯科医への夢はいったん封印。新たな進学先として選んだのが、世界陸上メダリストの為末大さんらを輩出したハードルの名門、法政大だった。

自己流だった高校時代とは打って変わり、指導者のいる環境で技術に磨きをかけると、才能は次第に開花。大学卒業後も進化を続け、日本記録を2度も塗り替えた。

五輪で競技生活に区切りをつけ、歯科医を目指すと明言する金井。引退後は歯科大を受験し、実家を継ぐつもりだ。「後がないという状況が僕にとってプラスになっている」。ゴールが明確だからこそ、ハードルに全身全霊をささげることができた。

国内屈指の実力者だけに、周囲には競技の継続を求める声もある。それでも「五輪の年がよい区切りになる」と両親に語り、決意は揺るがない。

3日夜の予選で幕を開ける最初で最後の夢舞台。「レースが終わったとき、やり切ったと思えるような状況にしたい」。目標は日本人初の決勝進出。次のステージに心置きなく向かうためにも、後悔は残したくない。(宇山友明)

【広告】

                            マンション投資の

新日本地所



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です