『ドラゴン桜』で診断 「頭がいい人は知っている勉強法の裏技」(日経ビジネス)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:日経ビジネス

「頭がいい人とそれ以外の人の違い」について、偏差値35から東大合格した僕(西岡壱誠)が考える、このコラム。今回のテーマは「タイプ別の勉強法」です。

【関連画像】『ドラゴン桜2』第12巻・94限目「タイプ別 夏休みの過ごし方」©Norifusa Mita/Cork

 「頭がいい人」がクリアすべき条件は数多くあると僕は思うのですが、なかでも「メタ認知」は重要なピースの一つです。「メタ認知」とは、要するに「己を知る」ということで、『ドラゴン桜2』で、桜木建二先生も言っています。

●人は「保全型」と「拡散型」に分かれる

 『ドラゴン桜2』ではさらに、受験生が「己を知る」ためのツールとして「FFS理論」が紹介されています。

 「FFS」というのは、「Five Factors & Stress」の略称です。まったく同じシチュエーションが、ある人にとってはストレスで耐えられないのに、別の人には全然苦にならない、といったことがありますよね。このような個性による感じ方や行動の違いを5つの因子で説明するのがFFS理論で、組織心理学者の小林惠智博士が開発したものです。5つの因子とは、具体的には……保全性:維持しながら積み上げる力拡散性:飛び出していこうとする力弁別性:白黒はっきりさせる力受容性:無条件に受け入れる力凝縮性:自らの考えを固めようとする力

 ……の5つです。

 この5つのなかで、「保全性」と「拡散性」は、先天的に決まっている要素が強いそうです(逆にいえば、ほかの3因子は後天的な影響も強いということですね)。保全性と拡散性には相反するところがあり、人間はだいたい、保全性のほうが拡散性より強い「保全型」か、拡散性のほうが強い「拡散型」のどちらかに分けられます。

※ 漫画『ドラゴン桜2』や関連書籍、関連記事では、便宜的に「保全型」「拡散型」と表現しています。

 みなさんはどちらのタイプでしょう。『ドラゴン桜2』に、簡単な見分け方が載っているので、紹介しますね。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です